発達障害と方向音痴の関係。方角が分からなくても目的地に着くことはできる

無学年教材 すらら

小学2年生の娘が最近始めた「すらら」というオンライン教材では、漢字や計算といった勉強的なことばかりではなく、カレンダーの読み方や東西南北の考え方など、日常生活で使うようなことも学べるんですね。

親がどう教えたらいいんだろう?と思うことも分かりやすく噛み砕いて教えてくれるので助かってます。

が!どんなに絵や言葉で分かりやすく解説してもらっても、発達凹凸があると今の段階で理解できない問題ってやっぱりあります。

たとえば「方角」についての解説を聞いても、初めて聞いたことがあることもあって全然訳がわからない様子でした。

大人になってADHDと診断された私もまた、方向音痴でなかなか目的地にたどり着けないことがしょっちゅうあるので、発達障害と方向音痴は関係があるといわれるのは納得です。

「方角分からないんだから地図読めないね」で終わりたくないので、発達障害の人には方向音痴が多い理由と、方向音痴との付き合い方について考えました。

スポンサーリンク

発達障害の人はなぜ方角が分からない?

ASDやLDなどの発達障害がある人は、定型発達の人よりも視覚認知能力が低い場合が多いといわれています。

視覚認知って?
目で見たものの色や形を認識し、脳にその記憶を留めておく力

 

※「各種の発達障害の発達プロフィール(生活年齢10歳の場合)」

発達障害についての著書を多数執筆している星野仁彦氏による研究レポートより抜粋

上記のグラフを見ると、アスペルガーや定型発達児以外の発達障害では視覚認知能力の低さが目立ちますよね。

娘のWISC-IVの検査結果を見ても、処理速度が異様に低い。処理速度というのは、「目に入った情報を速く正確に理解する力」。

なので娘も視覚認知能力が低いということでしょう。

さらに娘はDCD(協調性運動障害)もあるので空間認知も弱いんです。

ってことはこんな風に立体的な解説動画になるとやっぱり分かりづらそうでした。

上は北で下が南で…という風に平面図で私がヒントを与えながら教えた方がまだ分かるっぽい。

でもこの教え方じゃ根本的に方角を理解したとはいえないですよね。

じゃあ地図で北が上じゃない時はどう説明するのってなりますし。

私も北が上じゃないと混乱するタイプで、グーグルマップを見るときスマホをぐるぐる回さないとどっちの方向に向かって進んでいるかわからなくなります。笑

直感的にピンとくる人が羨ましいです。

地図が読めないなら文字を読めばいい

娘に方角の意味を分からせることは今の時点では難しい。(ていうか今後も分かる日がくるのかも怪しい)

でも完全に分かってなくても道を覚えさせる方法はあるんじゃないか?と思えるつぶやきを発見しました。

逐次処理は順次処理ともいって、指示された順番通りに処理を実行すること。

プログラミング言語でよく使われる用語です。

地図上で道すじをたどるよりも、文章や音声で次を右、その次を左と示した方が断然分かりやすい人がいるということです。

WISC-IVの言語理解が凸の娘には、絶対逐次処理の方が分かりやすいにちがいない。

もしくは音声で「100メートル先右です」って言ってくれるナビも方向音痴的にはかなり助かります!

すららのまとめプリント。文の意味が娘にはややこしかったみたいですが、方角の向きを覚える第一段階としては取りかかりやすくて良かったです。

娘が小学2年生から始めたオンライン教材の「すらら」は、発達障害児向けに集中しやすいように工夫されています。

  • 入会月の月謝は日割り計算
  • 退会は当月から可能
  • 休会・再開も自由にできる
  • 申し込んだら即日受講可能

続けられるか不安だし…という方でも休会もネットから簡単にできるので、安心して申し込めます。

1ヶ月から気軽にお試しくださいね。

自分が分かりやすい道の覚え方を探そう

今どき方向音痴でも音声ナビや地図アプリを使ったら、自分が分かりやすいやり方で目的地まで行くことができるようになりました。

カーナビも昔とちがって随分性能良くなりましたしね!方向音痴にとって生きやすい時代に生まれてきてほんとに良かったです。

方向音痴を治すなんていうのは発達障害を治すと意気込んでいるのと同じことです。

完全に方角が分からなくても、地図を見ていきたい場所まで行くという経験を繰り返すうちに、道が分からずに困ることが減っていきます。

何度も同じ道を通ることで「あのピザ屋がある交差点を左だな」とか「あの大きな木が見えたら右だな」という感じで周りの建物や風景を覚えてたどり着くことができることも。

私も子供を生んで車を一人で運転しなきゃいけないってなって、初めて地図を見ながら目的地まで行くという経験をしました。

運転し始めは子供たちを車に乗せながら迷って迷って…どれだけガソリン代と時間を無駄にしたことか。

それでも何か月、何年も地図を見ながら運転をしていると住んでいる市内の道路には大分詳しくなり、市内であればナビを使って自分だけでスムーズに行けるようになったんです。

娘にもゆくゆくは自分で電車通学する時が来るかもしれないけど、便利な道具や自分が得意とする覚え方で行動範囲を広げていけたらいいなと思います。

 

スポンサーリンク