「ニキビ治ったと思ったらまた」という悩みはキュレルのクレンジングで解消!

dav
ママのスキンケア

治ったと思ったらまたすぐ同じところに現れる憎くきニキビ。

20代から疲れてたりストレスが溜まってたりすると、口周りにニキビができるようになりました。

食生活も気をつけてるし、睡眠もとるようにしてるのに全然治らない!と悩んでいた時

キュレルのクレンジングを使い続けていたら、あごのニキビが1週間ほどでなくなったんです。

今回は私のように、乾燥肌なのにニキビができるという方におすすめのキュレルのクレンジングジェルを紹介します。

スポンサーリンク

キュレルのクレンジングを試してみようと思ったワケ

私は今までクレンジングのことを

ゆしこ
クレンジングなんて化粧が落ちればなんでもいいでしょ?

としか思ってなかったんですね。

クレンジングに特にこだわりがなかったので、とりあえずドラッグストアで目についた安い商品を買って満足していました。

拭き取りタイプのクレンジングシートや、オイルクレンジングをよく使っていましたね。

しかしどちらも私の肌には刺激が強すぎるということが、数か月前に自分のごほうびにフェイシャルエステ体験へ行ったときに判明!

コミュ障主婦がはまる、魅惑のフェイシャルエステ体験

2019年3月1日

エステのお姉さんに「肌のキメがすごく細かいですね~」と褒められたのかと思えば、キメが細かいというのは実はデメリットも結構あるというお話で。

肌のキメが細かい人の特徴
  • 毛穴も小さいため毛穴に皮脂やファンデが詰まりやすい
  • 毛穴が詰まるとニキビが出来やすく、しかも治りにくい
  • 毛穴が小さいと化粧水などが浸透しにくい→つまり乾燥しやすい

キメが細かい人でニキビができるのは、肌が乾燥しているからという理由が多いそうですよ。

自分では肌表面はカサカサしてないし、乾燥してるなんて思ってなかったから意外でした。

実際に拡大して肌を見てもらったら水分不足を指摘されたのでショック。

キメが細かすぎる人の場合、クレンジングの種類はオイルだと毛穴に入っていかないからジェルの方がいいとのことでした。

私の肌質からエステのお姉さんがおススメしてくれたクレンジングは、NOVのクレンジングジェル。

口コミ見てもよさそうだけど、50枚で1000円もしないクレンジングシートを使っていたものだから高く感じてしまって手が出ず…

ジェルタイプのクレンジングで肌に合いそうなものないかな~?とネットで検索してみるとキュレルのジェルメイク落としを発見!

おっ、これなら1000円かからない♪もし肌に合わなくても安いから試してみようとすぐに購入を決めました。

内容量130g。歯磨き粉と比べてもあまり変わらないぐらいですかね。

キュレルのクレンジングを使った口コミ感想

どのぐらいの量出したらいいのかは、箱の裏に分かりやすく2センチぐらい出すって書いてありました。

私は普段パウダーファンデと目の下のコンシーラーのみなので、気持ち少なめに出しました。

初めて使った時は、オイルで慣れていたためあまり伸びないなと思いました。

ゆしこ
「やわらかなジェルタイプ」って書いてあったけど、全然やわらかくないやん?

なるべく肌を刺激しないようにそーっと顔全体に伸ばして、顔全体に馴染んだら(ここまで1分いかないぐらい)そのあとは洗い残しのないようにお湯で洗い流しました。

あごのニキビがどうか消えますようにと念じながら…

使用後1週間でニキビが消えた!

あごにあった細かいニキビがなくなり、今はあごを触るとつるつるしてます。

使用後2~3日経ってもなんの変化もなかったので、やっぱりクレンジング替えただけじゃよくならないよねってガッカリしてたんです。

でも悪化もしていなかったのでそのまま使い続けていたら、徐々にニキビが小さくなっていき、1週間後にはほとんど目立たない状態に!

まさに私は「乾燥性敏感肌」が原因のニキビだったんでしょうね。

肌に合ったクレンジングを選びましょう

私と同じように、

  • 乾燥肌なのにニキビがよく出来る
  • できたニキビはなかなか治らない
  • 季節の変わり目や生理前になると肌荒れやかゆみが出たりする

といった肌質の方は、キュレルのジェルメイク落としがおすすめですよ。

キメが細かさというのは、人それぞれ違っていて生まれた時から決まっているそうです。

私の場合はもともと肌のキメが細かすぎて保湿成分が肌に入っていきにくいということだったので、化粧水を選ぶ時は美容成分の粒子が細かいものを選ぶようにしています。

【ナールスピュア+】ナールスゲン配合の化粧水とは?成分について徹底解説

2019年2月15日

上記のナールスピュア+は、ニキビに効果的なビタミンC誘導体も配合されていることも購入の決め手になりました。

エステでも百貨店での肌診断でもいいので、一度肌診断を受けてみると自分に合う化粧品が選びやすくなりますよ。めざせマイナス5歳肌!

 

スポンサーリンク