キッズケータイ卒業!子供にスマホを持たせるメリット・デメリット

息子のこと

子供だけの外出時にキッズケータイを持たせている家庭は多いですよね。よく小学生が首からぶら下げている卵型のあれです。

うちの長男も小1になって習い事に一人で行かせるようになってから持たせるようになりました。

が、2年更新する前にキッズケータイは解約して、現在はパパのお古のスマホにmineoのSIMを挿したものを使わせています。

小学生にスマホって早くない?と思うかもしれませんが、必要最低限の機能しか使わないように設定にしているので我が家はスマホに変えて良かったなと思っています。

キッズケータイをやめてスマホに変えた理由と、使ってみて分かったスマホの使い勝手について紹介します。

スポンサーリンク

キッズケータイって意外と高い?

こちらが長男が約2年お世話になったドコモのキッズケータイです。

今回解約した理由は…

  • 通話代が高い
  • 親がドコモじゃないからイマドコサーチが使えない

ということ。

基本料金は親がドコモじゃなかったため、月額800円でした。

基本料金にプラス通話するときに30秒につき20円がかかってきます。

なので息子には

ゆしこ
電話代かかるから必要な時だけかけてきてね!なるべくママからかけるから

と言っていたんですね。

でも、習い事の帰りは1人で心細いのか用もないのにかけてきます。笑

結局通話代がかかって月額1000円超えることがほとんど。

親がドコモじゃないと、通話代以外にも問題があります。それは

肝心のイマドコサーチ(GPS機能)が使えないということ!

今のご時世ですから、居場所が分からないというのは家に帰ってくるまでいつも心配していましたね。

それでも何も持たせないよりはましか…とあきらめてキッズケータイを持たせていました。

キッズケータイからスマホにするメリットとデメリット

なんとなくキッズケータイを持たせ続けて2年。

2年契約満了を迎えたことをきっかけにキッズケータイの代わりになるものはないかなと色々調べた結果、キッズケータイよりもスマホの方がお得なんじゃない?ということに気づいたんです。

キッズケータイからスマホに変えるメリットとデメリットを以下にまとめました。

メリット

  • 月額料金が安くなる
  • LINE通話を使えば通話代がタダ
  • GPS機能をアプリで使用可能

料金プランによりますが、たとえばmineoの音声通話なし・データ通信のみの一番安いプランだと500MBで税込756円しかかかりません!

ドコモのキッズケータイ使ってた時は通話代入れて1000円前後だったので、地味に嬉しいです。

しかもLINE通話ならいくら話しても0円!

また、親のandroidスマホに「端末を探す」というアプリをインストールして設定しておけば、GPS代わりになるんですよ。→端末を探す

「端末を探す」アプリとは
本来は自分のスマホを探すためのアプリになります。離れた子供が移動中でも、グーグルマップで現在位置を確認できますよ。子供のスマホの位置情報をONにしておくことを忘れずに。

追加料金なしでいつでも子供の居場所をチェックできるのはありがたい。

やっぱりGPS機能はあった方が良いに決まってます。今までなかったのが恐ろしい…

デメリット

  • 子供の手には大きくて持ちにくい
  • 不要な機能がついている

スマホは子供の小さい手では持ちにくいかもしれません。9歳の息子が落としたところは見たことがなかったので持たせていますが、スマホを持ち慣れていない子は家で落とさないかしばらく様子を見ることをおすすめします。

スマホを持たせると勝手にネットをしたりするのが心配という方も多いでしょう。うちも勝手に色々されないか心配だったので、スマホを与える前に3つの約束事をしました。

  1. 勝手にアプリをインストールしない
  2. 外で歩きスマホを絶対しない
  3. スマホでネットを見るのは禁止

約束を破ったら小遣いナシ、スマホ取り上げなど条件をつけて持たせています。

そんな訳で息子が使っている機能は基本的にLINEだけですね。ネット検索や動画を見なければ最低容量の500MBでも全然余裕です。

mineoのデータSIMに決めた理由

格安SIMっていっぱいあってどれにしようか迷いますよね。

多くの中でmineoに決めた理由は、

  • 500MBからのプランがあったこと
  • 手持ちのスマホの機種が端末動作確認済みだったこと
  • au回線かつSMS機能追加料金なしだったこと
  • 解約時に手数料がかからないこと

というところ。まず主人が使っていたauのスマホを息子に譲る前提での話だったので、格安SIMの中でも特にauの機種が豊富なmineoなら間違いないだろうと決めました。

1GB~というプランが多い中、500MBから用意してくれているmineoはとっても良心的。

 

LINEを使う場合、SMS機能がないとLINE通話ができないことや、LINE登録すらできないなどの問題が。

そのため絶対契約するならSMSが使えるデータSIM!と決めていました。

しかし安いプランでもSMS機能をつけると100~200円上がってしまいます。

その点mineoのデータ通信プランはSMS機能込みでも756円という所が決め手となりました。

もし契約したけどmineoと相性が悪かったという場合でも、解約金がかからないので安心です。

気軽にお試しができることからいっても、ユーザーにやさしい格安SIMという印象です。

子供のスマホは音声通話なしの格安SIMで十分!

キッズケータイが持ち運びやすいという点以外では、スマホの方がコストや使い勝手の面で勝っているなと感じます。

固定電話を引いていない我が家。

子供が1人で外出する時や、留守番してもらう時の連絡手段としてスマホは必須アイテムです。

親のスマホが不要になったタイミングにでも、子供にスマホデビューさせてみてはいかがでしょうか?



格安スマホmineoはこちらから

スポンサーリンク