映画「きみと、波にのれたら」のあらすじと感想。マンネリ夫婦に響いた作品!

ブログ管理人について

子供が生まれると生活がガラリと子ども中心になりますよね。

なのでたまにある夫婦2人だけの休日に何をしたらいいか分からなくなっていました。

そんな時夫が平日に有給を取り、急に明日映画見に行こうってことに。

映画といえばここ数年、娘とプリキュアぐらいしか行ってない私、何が流行ってるのかもわからない…。

内容も良く分からないまま「きみと、波にのれたら」という映画を夫と2人で見に行ってきました。

アニメの感じからして若いカップル向けなんじゃないの?と思ってたら、次の日からなぜか劇中の音楽が耳から離れない。

すっかりラブストーリーに引き込まれていました。笑

若いカップルはもちろん、うちらのような結婚11年目のマンネリ夫婦にも見てもらいたい「きみと、波にのれたら」の感想を書きました。

スポンサーリンク

きみと、波にのれたらの感想

前半はイケイケカップルの王道ラブストーリー

かんたんにストーリーをまとめるとこんなお話。

ビル火災がきっかけで出会ったイケメン消防士の彼と付き合うようになった主人公ひな子。だが幸せ絶頂の時に彼氏が人を助けて海で亡くなってしまう。

悲しむひな子が水の前で2人の思い出の曲を歌うと、なぜか水中に死んだはずの彼が現れる。

水を見ながら話しているひな子に周りの友人は同情したり、変に思ったりするが歌ったら出てくる彼氏のことがひな子は彼氏のことがいつまでも忘れられない。

次第にひな子も悲しんでばかりいても前に進まないし、彼氏も喜ばないことに気づき始める。

再びビル火災に巻き込まれるひな子の最後にとった行動は…

なんともベタなラブストーリー、ですよね!

始めの出会いからお付き合い中のラブラブっぷりがリアルに描かれています。

マンネリ夫婦には付き合い始めぐらいの自分たちを見ているようでこっぱずかしくなります。

作品序盤から気まずい空気が流れ…映画の選択間違えたか!?とちょっと後悔したぐらい。

ですが、ひな子の彼氏が亡くなった後から急にストーリーが現実じゃありえない展開に変わっていったところから物語に引き込まれていきました。

後半から一気に物語に引き込まれる

「死んだ彼氏が歌うだけで目の前に現れるなんて都合のいいこと実際にあればいいのになあ」

なんて思いながら見ていたんです。

でも物語後半自然と引き込まれていったのは、ひな子の揺れ動く感情が嬉しいだけじゃなくて

悲しみや空しさも表現されているところに共感を覚えたから。

藁をもすがる思いで水に向かって歌い続けるひな子を見ていると、きっと幸せ絶頂の時に大切な人を失ったら自分もこんな風になるんだろうなと思います。

このままじゃいけないと自分で気づき始めた主人公が、歌いたいけど必死で我慢して歌わないことを選ぶ姿にもリアルじゃありえないのに、わかるよ!その気持ち!って応援したくなるみたいな。

辛い気持ちを断ち切って前に向かって進む健気でピュアな主人公に癒されました。

周りのキャラクターも人間らしくてかわいい

ひな子を取り巻く彼氏の仕事の後輩や妹も、物語に大きく関わっています。

優しくて仕事もできて完璧なひな子の彼氏を見ている周りの人間は

「自分にはあの人のようにはなれない」「努力してもかなわない」

と劣等感を抱いていました。

でも彼氏が亡くなった後に、後輩が彼氏の部屋に訪れた時に見たのはたくさんの山積みになった専門書。

「何年も努力した過程があって仕事ができるようになったんだ」ということが分かり、あきらめかけていた消防士をもう一度頑張ってみようと思うように。

また、妹も親にいつも兄と比べられて辛い思いをしてきた1人でした。

妹は兄のことが大好きだったけど、兄のようにはふるまえないことから引きこもりになっていた時期も。

でも兄の死をきっかけに、「将来は喫茶店を開きたい」という兄の夢を自分が叶えてあげたいと言って喫茶店でアルバイトを始めるようになります。

最後はみんなが前を向いて目標に向かって頑張っていくという爽やかな終わり方でしたね。

このように、「きみと、波にのれたら」の主要キャラクターは1人1人の悩みや葛藤が丁寧に作りこまれていて、単なる恋愛ストーリーじゃないところも楽しめました。

人に比べて自分はできないと思っている人の背中を押してくれる内容にもなっています。

夏が楽しみになる作品です

大ヒットした「君の名は」も去年見に行きましたが、アニメ映像の美しさだけが印象に残ってるんだけど最後の終わり方がふわっとしていて結局何だったんだろうという感じでした。

10代の子達にはすっと入ってくる映像かもしれないけど、30代には光や花火がチカチカして刺激が強すぎた!

対して「きみと、波にのれたら」は柔らかいタッチで描かれていて、色も落ち着いていたので安心して見られましたね。

水の表現に力を入れているだけあって波音や水しぶきがアニメなのに繊細で、沖縄の海を思い出しました。行きたいな~海。

またGENERATIONS(EXILE系の…)の主題歌が切ないです。

終始流れていたからか、数日たってもメロディーが頭から離れません!

主人公の小さいころに流行っていた思い出の歌なので、一昔前のゆったりとしたバラードで歌いやすいんですよね。

そうそう、ちょっと古いかな?って感じの曲も、10数年前の付き合っていた頃の自分たちを思い出したりして「私たちもこんなラブラブな時あったな…もうちょっと夫のこと大事にしないとな」と考えるきっかけになりました!

上映している会場とスケジュール

「きみと、波にのれたら」

6月21日~上映中

TOHOシネマズ、イオンシネマ、MOVIXシネマなど全国の映画館で見れます。

詳しくは東宝シネマのサイトをチェックしてみて下さい。

アニメ映画ならAmazonプライムビデオ

私はU-NEXT、FODなど色んな動画配信サービスを無料期間に試しては止めてを繰り返していますが、唯一継続して契約しているのはアマゾンプライムビデオです。

同じく無料期間中からスタートしてみたら、無料で見られる作品数が多いことや、子供が見たいアニメ作品が充実していたこともあって家族全員が気に入ってしまったのです。

なんといっても月額500円で色んなジャンルの動画が見放題というのが安すぎ。

近所のTSUTAYAに行く前に、お目当てのDVDがプライムビデオにないか必ずチェックしています。

今なら「君の名は」の新海誠のアニメ作品も見放題作品対象♪

30日間はお試し期間で無料で利用できます。Amazonのお買い物が送料無料になるサービスもあってお得感あるのでぜひ。

スポンサーリンク