発達障害の子の偏食は親のせいじゃない。嫌いな食べ物を克服は諦めてよし!

ASDとADHDの娘のこと

「ママあげる」と言ってハヤシライスの中の薄~いマッシュルームを分別して母の皿に入れていく娘。

「こないだは食べたのに」「わざわざ薄く切ったのに」という気持ちを飲み込んで、無言で娘のマッシュルームを食べる私。

こうやって落ち着いて対処できるようになったのは、単なる好き嫌いではないんだと思えるようになったから。

発達障害のことを本やネットで調べるようになって、偏食はよくあることであって無理して治せるものでもないということが分かったからです。

発達障害の子の偏食に親はどう付き合っていけばいいのかについて考えました。

スポンサーリンク

発達障害の子に偏食が多い3大要因

発達障害の子がなかなか好き嫌いを克服できないのは、下の3つの要因が絡んでいるからだと思うんです。

  • 感覚過敏
  • こだわりが強い
  • 思い込みが激しい

まずよく言われるのが特定の感触を嫌がる感覚過敏の子が多いということ。どんな感触が苦手なのかは、一人一人ちがうし症状が弱い子もいれば強い子もいます。

感覚過敏が強い子は裸足で土の上を踏んだ時の感触が気持ち悪くて耐えられないとか。シャワーがかかった時に体に針が突き刺さっているように感じるとか。

弱い子は断固として拒否するまではいかなくても、嫌そうな顔してたりすぐに活動を切り上げようとしていたりしていたら私なら感覚過敏がちょっとあるのかもと思います。

感覚過敏は物を食べる時にも起こる子がいます。嫌いな食べ物を噛んだ時の感触がダメという子もいれば、食べ物の香りがダメな子、味がダメな子、見た目がダメな子などその子によって無理なポイントがちがいます。

 

また、発達障害の子はこだわりが強いともいわれていますよね。一度こうと思い込んだらなかなか考え方を変えるのが難しい。

一度でも「この噛んだ時の感触嫌だ!」と思い込んだら、どんだけ工夫して調理してもお手上げです…。無理して食べさせようものならえづいて見てるこっちが気分悪くなります。

こだわりと思い込みの強さで余計に偏食をこじらせているように見ていて感じますね。

診断がついていない長男は、娘と同じ物を出してもなんでもペロリとたいらげます。

ですが、唯一卵かけご飯が苦手。「ヌルっとしていて気持ち悪い」とのことですが、しょうゆを多めにかけたり、お茶を飲んで紛らわせたりしながら自分なりに工夫して食べきることができます。

娘に同じ方法を試しても間違いなく食べきれません!

しょうゆをかけてもヌルっとした感覚が消えないから無理でしょう。

飲み込んだ後お茶をぐいっと飲んだらいいよとアドバイスしても、お茶と同時に飲み込んだブツもリバースするでしょう。

・・・難しいですね。

少しでも娘の偏食を減らしたい私がやったこと

感覚過敏があるからといって諦めずに、調理方法に工夫をすれば食べてくれることもありました。もちろんいまだに克服できない食べ物もありますが…。

香り+見た目がダメな場合は、苦手な食べ物の香りを抑える調理方法にしてみて、さらにすりおろしたり細かく刻んだりして原型が分からないようにすると食べてくれることもあります。

私がよくするのはピーマンが嫌いなら細かく刻んでチャーハンに入れたり。チャーハンの味付けは好きなので食べてくれます。

娘は大根の煮物は嫌いですが、大根おろしは好きなんですよね。

食べない煮物を出し続けるのは諦めて、調理法を変えたら食べてくれるんならそれでいいじゃないと思うようになりました。

どんな工夫をしても食べない時に効果があったのは、料理のお手伝いをさせること。

感触と見た目が大嫌いなナスを切ってもらい、娘の好きな味付けで簡単レンジ調理。最後に大好きなシーチキンを和えるとなんと少量ですが食べてくれたんです!

「ちょびっとずつ小っちゃくしてなす食べたよ」と言っていて、なんだか少し自信がついたようでした。

イライラする食事時間はもうしんどいという方へ

娘の好きな物や食べられる物ばかり食卓に出すようになると、作る側は楽になりますが娘以外の他の家族が好きな献立を作る機会が減ってしまいます。

ゆしこ
たまには息子やパパが好きな料理も作ってあげたいんだけど…

夫とスーパーに買い物に行く時も、「なすが安い!マーボー茄子食べたいな。あ…でも娘ちゃん嫌いか」ってなることが日常茶飯事で。

だからといって献立2通り考えるとか時間も手間もかかるからやりたくない!

でも家族もだし私もたまには好きな物を作って食べたいよって思うこともあります。

仕方なく娘はおかず1品減らして食べられるおかずだけ食べてもらうという時もありますが、栄養が偏らないかが心配。

苦手な野菜が多いからか口内炎ができることもあり、栄養補助的に子供向けのサプリメントがあればなあ、と探していたらありました!

子どもの総合栄養サプリメントmogというこちらのサプリは、パイナップル味のラムネみたいな感じでおやつ感覚で食べられるのが良いなと思い、私も注文済みです。

どうやっても偏食がなくならない!子供の栄養状態が心配という方は、サプリで栄養補助を考えてみてはいかがでしょうか。親子共にストレスが溜まる毎日の食事時間からさよならしましょう。



スポンサーリンク