GWは子供と何する?予定なし派の過ごし方

子どものこと

いよいよ待ちに待った大型連休到来!…と言いたいところですが、我が家はたいした予定もなく、

ゆしこ
GW何する?どこ行く?

と言っているうちに月日が経過し、気づくとGWになっていました。

夫はGWでも仕事がある日が半分ぐらいあり、夫が仕事の日は私と小学校低学年の子供二人で過ごします。

同じくパパが仕事でいなくてGWは子供と引きこもり予定という方に向けて、家でも充実できるGWの過ごし方について考えます。

スポンサーリンク

子供をまきこんでお部屋をピカピカにしよう!

5月上旬はお出かけに最適な気候ですよね。裏を返せば大掃除日和でもあります!

この際年末の大掃除をゴールデンウィークに前倒しでやってしまうのはいかがでしょうか。

  • カーテン洗い
  • 窓ふき
  • お風呂やキッチンなど水回りの掃除
  • 草抜き

などは手がかじかむ冬にやるより、温かい5月にやった方がサクサク進みます。

冬物の毛布や上着なんかもこの時期にまとめてクリーニングに出したり、コインランドリーで洗ったりしておくと、次の冬が来た時に慌てず快適です。

大掃除にはもちろん子供たちもまきこんでやってもらいます。今日はお風呂洗いの日、明日は窓ふきの日という風に、1日で詰め込み過ぎないのが飽きずにやってくれるポイント。

「自分たちの家は自分たちできれいにするのが当たり前」という感覚を小学生の頃から身に着けておくと、大人になっても役立ちます。

また、新学期でバタバタしていて衣替えがまだという方は、ゴールデンウィークの前半にやってしまいましょう。

衣替え前にゴールデンウィーク中のショッピングモールに行って安いものを見つけても、家にある服を把握せずに買うと結局これ家にも同じような服あったのに~と、無駄遣いになってしまう恐れも。

前半は衣替えや整理整頓をして、後半はいらない服を売りに行ったり新しい服を買いに行ったりすると無駄買いを防ぐことができます。

時間がある連休だからできることにトライしてみる

みんなが遊んだり休んだりしている時ほど、新しいことへの挑戦や苦手を克服するチャンス。

たとえば、

  • 広めの公園でお弁当を持っていきのんびりする
  • 親子でサイクリング
  • 近所のスーパーではじめてのおつかい
  • 子供用のICカードを作って電車に乗ってちょっと遠出してみる
  • 自転車の練習
  • 縄跳びの練習

など、時間があるGW中だからこそ親子でやってみてもいいですよね。

普段は行かないちょっと遠い場所に親子で出かけることで、出かけるまでに感じていた不安が消えて、達成感を感じることができるでしょう。

勉強や縄跳びなどGW中に少しでも苦手意識をなくすことができれば、学校が始まった時お友達や先生に自信を持って会うことができそう。

休日が続くと特にうちの子供たちは学校に行きたくなくなるので、学校を完全に忘れさせないようにすることも大事だと思っています。

たとえば連休中にやりきれそうな薄めのドリルを買っておいて、できたら遊び放題!と課題を与えるとメリハリがでてよさそうです。

 

ただ子供につきっきりだとストレスもたまりますから、母親自身の息抜きも大切。

旅行やレジャーにお金がかかってない分そこは割り切って、家事は手抜きしてご飯は外食やコンビニ、デリバリーにたよってとことん楽しちゃうのもおすすめです。

 

あえて出かけず自宅でのんびりするのもアリ

外は人混みだらけで出かけたくないし、車の渋滞に巻き込まれたくない!って方はこの際だから自宅で子供とのんびり過ごしちゃっては?

  • 親子で料理を作る
  • パズルや数独に没頭する
  • トランプやカードゲームを楽しむ
  • 見たかったDVDや録画していたテレビ番組を見る

 

4月はクラス替えで環境がガラッと変わり、勉強も難しくなりますよね。

あえてGW中は出かけずゆったりと自宅で過ごす充電期間にあてると、5月からまた元気に登校することができそうです。

共働きでなかなかゆっくり子供たちと過ごすことができない方も、特別なイベントがなくても子供と一緒にゆっくり過ごすだけで有意義な時間になるはず。

みんなで難しめのパズルを完成させるのを目標に頑張るというのもおもしろそう。

雨の日の外で遊べない休日は、テレビやゲームばかりになってしまいがちですが、たまにはみんなで競い合ったり協力し合ったりするボードゲームなんかも新鮮に感じられます。

子供たちが大人になった時に家族で過ごしたいい思い出として記憶に残りそうですね。

 

スポンサーリンク