【エジソンアカデミー】授業内容や教材はどう?~プログラミング体験②~

長男プログラミング教室体験記

この春小学4年生になった息子は、モノづくりや電子機器が大好き。

中学受験は受ける予定がなく、時間に余裕かあるので何か習い事を…と息子に色々提案してみて一番やりたがったのがロボットプログラミング教室でした。

楽しそうだからはいどうぞと簡単に言えたらいいのですが、習い事にしてはなかなかお高め。

でも息子がせっかく興味を持ったのだからどんなものか体験させてみたい!

ということで、近所にあるロボットプログラミング教室の無料体験にいくつか参加してから決めることにしました。

今回はエジソンアカデミーのロボットプログラミング教室の体験授業に行ってきました!

スポンサーリンク

エジソンアカデミー無料体験の内容

普段の子供たちなら家でこもってる時間帯ですが、エジソンアカデミーへ遊びに行く感覚で出発!家から一番近い教室は車で10分ほどの距離にありました。

先生は優しそうな男の先生。教室は新築の一軒家のような所で、広くて明るい部屋に案内されました。

聞けば去年の8月に開校したばかりの新しい教室なんだとか。実際の教室や先生の雰囲気はやっぱり見てみないと分からないものですね。

プログラボの体験授業の時のようにまずは「プログラミングとはなんぞや?」という話から入ります。

おもちゃの中に入っているマイクロチップやモーターが気になって、気づいたらドライバーを持って分解したくなる息子。

信号や扇風機、センサーライトなども人がプログラミングすることで動いているんだよ、という話を興味深く聞いていました。

一方一緒についてきた小2の娘は話に全く興味なし。笑

文系気質の私も理科の実験とか苦痛でしかなかったしな…プログラミングも興味がある子とない子に分かれるのかもしれないですね。

まさにロボットプログラミング中心の体験授業!

プログラボの時のようにロボット製作から入るのかな?と思ったら、テーブルには既に先生が作っておいたロボットが置いてあり、

「普段の授業はロボット製作から入るんだけど今日は時間があまりないから、プログラミングから入りましょう」と。

息子は特にがっかりしていませんでしたが、私はどんなロボットを作るのかな?と楽しみにしていたのでちょっと残念でした。

なんで見たかったかというと、エジソンアカデミーのロボット教材は、アーテックという学校教材の総合メーカーが手掛けていてとっても評判がいいのです。

  • 2018年には経済産業省主催の「第7回ものづくり日本大賞」において特別賞を受賞!
  • 全国4000ヶ所以上の幼稚園・保育園、150校以上の小学校の授業で使われている

ロボットの組み立て自体はとても簡単らしく、エジソンアカデミーで重きを置いているのはプログラミングをする時間。

つまり1回90分の授業で

  • ロボット製作
  • プログラミングをしてロボットを動かす

の両方ができるのがエジソンアカデミーの特長になります。

さっそくプログラミング開始。紙のテキストを参考に、超真剣です。

プログラボではタブレットからでしたが、エジソンアカデミーでは最初からパソコンでプログラミングをします。

息子はD-SCHOOLオンラインのプログラミングを自宅で少しかじっていたのでスムーズにパソコン入力ができていました。

【D-SCHOOLオンライン】マイクラッチコース14日間トライアル後の流れ

2019年3月27日




マウス操作に慣れていない子はいきなりパソコンだと始めは戸惑うかもしれませんね。

息子が課題に取り組んでいる間に先生から、授業の流れやカリキュラムについての詳しい説明がありました。

一旦やり方を覚えたら、後は基本的にひたすら自分で考えて動かしてみるの繰り返しです。

なかなかロボットが自分の思うように動かないので、何度も何度も角度やタイヤの回転数の数字を変えたりして、微調整を繰り返していきます。

AからスタートしてB、C、Dを通過して最後にAに戻るという課題。

飽きずにずーっとどうしたらロボットがゴールまで行ってくれるのか、考えていましたね~。(私なら挫折するわ。笑)

 

体験授業で私が見たいポイントは、子供の取り組みももちろんですが、先生との相性と指示の出し方です。

構いすぎも良くないし、放っとかれすぎも良くない。ちょうどいいタイミングで答えを教えるのではなくそっとヒントを出してくれる先生が良いかなって思います。

今回は息子一人だったので、ちょっと先生構いすぎかな~?と感じました。

まあ時間内に課題を達成させた方が本人も喜ぶだろうと思ったからかもしれませんが。

通常は1クラス定員4人までということなので、少人数で先生の目が一人一人に行き届く環境ですよね。

先生との相性は息子に聞くと、ロボットプログラミング教室を3ヶ所体験授業してきた中で一番良かったみたいです。

内容も意外にもエジソンアカデミーが一番いいと。ロボット完成してた状態からスタートしたのに。

もしかして息子はロボット作りよりプログラミングが好きなのかも?と新たに発見することができました。

エジソンアカデミーとヒューマンアカデミーのちがいとは?

エジソンアカデミーとよく比較されるのが、ロボットプログラミング教室で有名なヒューマンアカデミー。

こちらは入会して1年はロボット製作がメインで、プログラミングは早くても2年目から始まります。

エジソンアカデミーとヒューマンアカデミーのちがい
  • プログラミングとロボット製作を同時進行でやりたいならエジソンアカデミー
  • 空間認知能力や創造性をを1年かけてロボットで身につけてからプログラミングに発展していくという風に、段階的に学びたいならヒューマンアカデミー

 

一口にロボットプログラミング教室といっても、ヒューマンアカデミーのようにロボット製作を1年間みっちり行うところもあれば、エジソンアカデミーのように1年目からプログラミングに時間をかけるところもあり、ほんとに対照的です。

エジソンアカデミーロボットプログラミング教室の月謝・ロボット代は?

エジソンアカデミーの月謝やロボット代は、全国一律ではありません。月謝は約9000円~12000円前後、ロボット代は25000円~45000円前後となっていて、通う教室によって変わります。(カリキュラムや内容は同じです)

私の近所にあるエジソンアカデミーは月2回90分授業で9760円

入会金が10000円、ロボット代は43000円。

と言われましたが、5月中に入会を決めればロボット代は30000円でいいそうです。

ロボット代が30000円になるのはかなりお得ですよね。

今回のように無料体験に行くと、入会金がタダになったりロボット代が安く購入できるケースもあります。

子供の興味を見つけるには無料体験に行くのが早い

子供がどんなことに興味があるのかというのは、無料体験に行くことではっきりと分かります。

自分の子供にはどっちの教室のやり方が合っているかなということを考えて決めると、失敗は少ないかなと思います。

↓↓こちらから全国のエジソンアカデミーの無料体験予約ができます!↓↓

 

スポンサーリンク